呟きのリプに悩む

昨日は朝からお気に入りの彼から自撮り画像をいただき、一日ウハウハ。ウハウハというよりも、本当に見れば見るだけ幸せな気分になってしまう。スマホの待受にしちゃおうかとも思ったけれども、どうもサイズがよくないので、それは諦めた。いやぁーー、本当にカワイイ。友だちにも送って、今日の幸せのお裾分けしちゃったり、と完全に頭はわいている。
その彼は早朝呟きがまぁー多いこと。夜からずっと起きていての早朝呟きなのか、それともそんなに早起きなのか。いまいち生活パターンというのがよめないので、そこもミステリアスでカワイイ。そして、その彼の早朝呟きが心霊体験しちゃった、って…。おーー、そうくるのかぁーー。というか、そういうことを呟いてしまっちゃう人なのね。自分は全然そういう心霊体験とは無縁で、どちらかというと生きてる人間の闇の方がよっぽど恐怖の対象。でも、心霊体験しちゃう彼も受け入れなきゃいかん。すべてひっくるめて彼なんだもの。でも、なんせ身近にそういうタイプの人もいないから、どういう反応を示していいものやら、悩む。恐怖をさらに煽るのがいいのか、恐怖を共感するべきなのか。そこは嘘はつきたくないしなぁーー。笑いにできないものかと考えるけれども、うまくいかなかった。